赤鼻のトナカイ Rudolph the Red-nosed Reindeer

今からちょうど80年前、
1938年のアメリカ・シカゴでロバート・メイという人物によって赤鼻のトナカイ「ルドルフ」は誕生しました。

真っ赤なお鼻のトナカイさんは、いつもみんなの笑いもの
でもその年のクリスマスの日サンタのおじさんは言いました
暗い夜道はぴかぴかのお前の鼻が役に立つのさ
いつも泣いてたトナカイさんは今宵こそはと喜びました

ここで歌われている「トナカイさん」には名前がありまして、
その名を「ルドルフ」と言います。


英語の歌詞ではこうなります

Rudolph, the red-nosed reindeer
had a very shiny nose
and if you ever saw it
you would even say it glows
all of the other reindeer
used to laugh and call him names
they never let poor Rudolph
join in any reindeer games
then one foggy Christmas eve
Santa came to say:
"Rudolph with your nose so bright
won't you guide my sleigh tonight?"
then how the reindeer loved him
as they shouted out with glee (yippee)
"Rudolph, the red-nosed reindeer
you'll go down in history."



歌詞の中にあるように
you'll go down in history.
ルドルフは歴史に名を残すトナカイになりましたね。


f0365255_23250097.jpg

さて、ルドルフの産みの親、ロバートメイ氏について少し語りたいと思います。

ロバートメイ氏は当時アメリカの三大デパートと言われていたモンゴメリーワード社の広報部に勤務していました。


ロバートは妻のエヴェリンと一人娘のバーバラと仲睦まじく幸せに暮らしていました。
ところが妻エヴェリンが癌におかされてしまいます。

日に日に身体が弱まる妻を見てロバートは必死にお金を工面しようとしましたがうまくいきませんでした。

広告部門で働いていても妻の癌の治療費に充てるに充分なお金にはなりませんでした。

ロバートにとって妻と娘バーバラは宝物でした。

必死に働いても妻の治療代にすらならない絶望の中にいたとロバートは回顧しています。


あるときまだ幼いバーバラ(4才)が言いました。
「どうしてママは他の子のママと違うの?」

無邪気に聞くバーバラの言葉にロバートは涙が溢れて止まらなかったそうです。


そして娘と妻を少しでも励まそうとロバートは本を1冊作ることを決めました。

クリスマスに何かをプレゼントしたくても、もうロバートにはお金がありませんでした。

本だったら、紙とペンさえあれば作れる。
そう思ったロバートは精魂込めて本を一冊作り上げる決意をしました。

そして本を書き始めるのですが、書いてる途中に、妻エヴェリンが他界してしまいます。

「お母さんはいつ起きるの?」
と聞くバーバラを抱きしめてロバートは声を上げて泣きました。

けれど、本を書くことをやめませんでした。

妻が亡くなって、ガランとした部屋の片隅でロバートは娘のために書き続けました。

本の完成を待たずに命を散らした妻のためにも。私達の娘を喜ばせるためにも。

そしてクリスマスを迎える頃、ロバートの手作りの本が完成しました。

それが今に語り継がれる「赤鼻のトナカイ」です。

完成した本をさっそくロバートは娘に読んで聞かせました。

バーバラはこの本をとても気に入っていつも目を輝かせて聞き入っていたそうです。

そして毎晩のように赤鼻のトナカイを読んでとせがみました。


その年、勤務先であるモンゴメリーワード社のクリスマスパーティーを欠席しようとしたロバートに
会社の人たちは出席するように熱心に誘ったそうです。

奥さんを亡くしたばかりのロバートを元気づけたいと皆は考えていたそうです。


シカゴにあったモンゴメリーワード社のビル
f0365255_23320240.jpg


手持ち無沙汰なロバートは、完成した絵本を抱えてパーティに出向きました。

モンゴメリーワード社はアメリカで最初に通信販売を行った会社で有名でした。

田舎でなかなか都会のものを手に入れられない人たちへカタログ、最初はチラシのようなもので電話で注文してもらい、
それを販売して会社を大きくし、最終的にシカゴに大きなデパートを開業しました。

(デパートはその後、閉店しましたが、通信販売という形でネット販売事業者として2000年代にモンゴメリーワード社は復活しています)


そのモンゴメリー社は毎年クリスマスの時期に本を無料で配布していました。

そういう風習もあり、ロバートが自作の絵本を持ってきたことが知れると皆の前で読んでほしいと言われました。

そしてそのパーティの場でロバートは赤鼻のトナカイ物語を読んだのです。

パーティの参加者たちはその夜のことを忘れられないと言います。

ロバートが読み始めたとたんざわざしていたパーティ会場が次第に水をうったように静まり返り、

ロバートが本を読み終えたとたん、割れんばかりの拍手が起きたそうです。

そしてモンゴメリーワード社の社長はその場で決めました。

翌年うちのクリスマスプレゼントとはこの本に決定したと発表したのです。

そして1939年のクリスマスの時期に、
赤鼻のトナカイはモンゴメリーワード社から顧客へ宣伝を兼ねて無料で配布されたのです。

そしてリリースした途端に250万部の売り上げを達成したのです。

赤鼻のトナカイは一気に人気本となりました。

しかし同じ年1939年に第二次世界大戦が勃発。

戦時下で紙もペンも制限がかかってしまい本を売ることを断念するしかありませんでした。

第二次世界大戦はその後6年も続きました。
(第二次世界大戦、1939年~1945年)

そして戦争がようやく終わった年の翌年に、
赤鼻のトナカイの本を再び売り出したのです。

すると前回1939年を上回るなんと350万部を売り上げたのです。

ラジオでも読んで聞かせる番組が組まれ、
またたくまに赤鼻のトナカイはアメリカ人の家庭に浸透していきました。

そこからちょっとしたミラクルが起きます。


赤鼻のトナカイを作ったロバートメイの実の妹が結婚し、その夫が
今に伝わる赤鼻のトナカイを作詞作曲したのです。

ロバートの妹の夫はジョニーマークスと言います。

ジョニーは音楽を学んでいて自分で作詞作曲をしていました。

1948年、ジョニーは義兄の本「赤鼻のトナカイ・ルドルフ」を題材にして曲を作りました。

そして翌年、ジーンオートリーという歌手が歌い、リリースしました


歌は200万部を超える大ヒット、当時ビルボード1位に輝いたそうです。


その後は各国で歌われ、世界でもっとも歌われるクリスマスソングの1つとして今も君臨しています。


ところでなぜトナカイを題材に選んだのでしょうか。

ロバートメイがそれに答えています。

娘バーバラと動物園に行ったときにバーバラはトナカイをとても気に入ったんだ。
だから物語はトナカイを主人公にしようと思った。
そして赤鼻のトナカイを思いついたんだ。

ロバート自身、子供の頃は虚弱体質で身体が小さく、よく学校でからかわれていたそう。

赤鼻のトナカイも周りと違う赤く光る鼻を持ち、笑われて傷つく毎日を送っている

でも霧の夜、前が見えず困ったサンタを救ったのがルドルフ(赤鼻のトナカイ)だった。

f0365255_23541565.jpg

サンタ「君はみんなと違う鼻を持っているね」
その言葉にまた皆と違うことを指摘されたと思ったルドルフは泣きだしました。

それを見たサンタは優しくこう言ったのです。
「君は皆と違うことで苦しんだんだね。でもね、今夜私は君にお願いがあるんだ。クリスマスを待っている世界中の子供たちへプレゼントを配りたいが霧が深くて前が見えない。君のその鼻で夜道を照らしてくれないか」

サンタクロースから直接そう言われてルドルフは驚きます。

皆と違うから、サンタクロースを助け世界中の子供たちの元へ駆けていける。

その日からルドルフはトナカイの中でも英雄となったのです。

ちなみに古くからサンタクロースのそりを引くトナカイは8頭と語り継がれていて
トナカイたちはそれぞれに名前があります。

□サンタクロースの8頭のトナカイたちの名。
Dasher(ダッシャ-)
Dancer(ダンサー)」
Prancer(プランサー)」
Vixen(ヴィクセン)」
Comet(コメット)」
Cupid(キューピッド)」
Donder(ドンダ-)」
Blitzen(ブリッツェン)」


この8頭はトナカイの中でも英雄です。
あのサンタクロースのソリを引っ張り
クリスマスの夜空を飛び回るからです。

そして9頭目にサンタクロースがお願いしたのが
特別な赤い光る鼻を持つ「(ルドルフ)」なのです。


このお話はそのままロバートの理想と重なると言います。

小さい体で笑われた過去を持つロバートでも、人と違っていても

きっと未来は明るい。

僕と妻と娘の未来を照らしてくれるように。

ルドルフの鼻をぴかぴか光らせたんだと。

モンゴメリーワード社は赤鼻のトナカイ・ルドルフの物語の権利を全て、
生みの親のロバート・メイに渡しました。

これは当時のモンゴメリーワード社としては初の英断でした。

妻を亡くし娘と二人途方に暮れたときに生まれた物語、赤鼻のトナカイ。

苦しみのどん底から、這い上がった物語が背景にありました。

これが1938年に起きた小さなクリスマスの奇跡です。

背景を知って聞く赤鼻のトナカイはまた違う面を照らしてくれそうです。








Commented by みさ at 2018-05-02 11:19 x
凄く心温まるお話でした。誰もが知っている歌にこんな深い物語があったなんて。次にクリスマスが来る時、また新しい気持ちでこの曲を聴けそうです。そして、このお話を思い出します(#^.^#)
Commented by imalatebloomer at 2018-05-12 20:34
素適なお話ですよね。クリスマスの冬の時期に思い出してみるのもいいかもしれません(^o^)
by imalatebloomer | 2018-04-30 23:58 | history | Comments(2)